【ワールドカップバレー2019】開幕直前!みどころはここだ!

2019年9月12日

日韓ライバル

こんにちは!
ぺんぺんです!!

2019年9月14日(土)から開幕する世界バレーの見どころをお伝えします(^.^)
熱くなれる瞬間や注目していただきたい選手など紹介させてください!
それではさっそくいってみましょう!

2020年東京オリンピックの前哨戦といっても過言ではないこのワールドカップバレー。
注目せざる負えない大会です!

スポンサーリンク


注目の対戦カード(女子)

日本VS韓国:9/16(月・)

日本は世界ランキング=6位。
韓国=9位。

ライバル

一見、日本の方が世界ランキングが高いから勝てるんじゃない?
そう思う方が多いと思います。

しかし!多くのスポーツでもそうなのですが、アジア同士の対戦って独特の雰囲気があって、一筋縄ではいかないものです。
特に日韓戦はお互いをライバル視しているので選手・監督を含め全員いつもよりボルテージが高めです笑

韓国の要注意ポイント

韓国初!!外国人監督!

韓国女子代表は今まで国内の監督のみを起用していましたが、今回からイタリア人Stefano Lavarini監督を起用することにしました。
この監督はブラジルでのクラブチームの指揮もとっており、名将として有名です。
特徴としては圧倒的な「スピードバレー」です。

スピードバレーとは攻撃のテンポがどんな状況からも早い展開の攻撃に繋げる攻撃スタイルのことを指します。
日本がこのスピードバレーにどう対応するのか見ものだと思います!

日本のバレーをよく知る韓国の身長195cmのエース!

巨人

韓国代表のにキム・ヨンギョンという選手はご存じでしょうか?実は彼女、日本のVリーグでのプレイ経験があるのです!

JTサンダースに所属していて、元全日本女子で天才セッターと言われていた、竹下佳江さんとコンビを組んでいました。実際に二人は良いコンビで、黒鷲旗という大会で優勝しています。

その後、キム・ヨンギョン選手はヨーロッパのトルコに渡り、リーグ制覇をし、MVPにも選ばれました。
しかし、日本でプレーしていたのは10年も前になりますので一安心です。が!!
経験を積んで、安定さも出てきたエースは日本の脅威になること間違いなし!?

日本でプレーしていた選手って少し応援したくなりますよね(小声)

日本の注目ポイント

ベテランにはベテラン!!荒木絵里香選手!

メグカナという言葉を覚えている方は多いのではないでしょうか?
春高バレーの決勝戦から全日本まで共に活躍したエース。栗原恵と大山加奈。お二方とももう引退はされてしまいましたが、この「メグカナ」世代で忘れてはいけない選手がいます。それが荒木絵里香選手です。

正直、当時の春高バレーをリアルタイムで見ていて、メグカナもすごいなと思ったのですが、私が1番すごいと思った選手が荒木選手でした!
何がすごいって、女子らしからぬ、圧倒的な高さとパワーです笑(いい意味で)

メグカナが引退した後も、結婚・出産をしてもなお、全日本に入る実力のある荒木選手には脱帽ですね!
そんな荒木選手がキム・ヨンギョン選手に対してどんなブロックやスパイクを見せてくれるのか要チェックです!

ペンアツ
ちなみに直近のネーションズリーグ2019という大会では日本がストレートで負けています。。。
信じて応援しましょう!

スポンサーリンク



注目の対戦カード(男子)

日本VSブラジル:10/14(月・)

世界ランキング1位の王者ブラジル。
現時点での最高レベルの相手に日本はどう戦っていくのか見ものです。

ブラジルの要注意ポイント

キューバから帰化!?ホアンドリ・レアル!
バレーボール好きの方ならもしかしたらこの選手の名前を聞いたことがあるかもしれません。
キューバ代表のエースとして大活躍をしていた彼が2014年にブラジルへの帰化を申請しました。
国際バレーボール連盟の規定の関係で、国の代表としてプレーするまでに4年間を要しましたが、最近ようやく、その期間も終わりまして、ブラジル代表としてプレーできることになりました。

Left Caption

ぺんぺん

あの身体能力がやばいキューバの選手がブラジルに入ったら無敵じゃないか?

その通りなんです。
正直ブラジルめちゃくちゃ強いです。
全員紹介したいくらい選手層が厚いです。

ブラジル戦でキーマンになる日本の選手はこの選手だ!

日本の注目ポイント

日本のコンビバレーの軸!セッター・関田誠大選手!

少し前までは、深津選手がメインセッターとしてトスを上げていたのですが、最近ではこの関田選手がメインセッターとなり攻撃を組みたてています。

関田選手は東京都の東洋高校出身で、男子バレーキャプテンの柳田選手と一緒に春高バレーを優勝しています!
高校時代から見てきていますが、もちろんトスの質も良いのですが、注目していただきたいポイントがあります。

それは、、、、トスの上げどころです!
高いトスや低いトスの上げたところではなく、「なぜその選手にトスをあげたのか」これをよく考えられている数少ないセッターだと思います。

ですので、関田選手がトスをあげる場所などの理由を考えながら見るとより面白くみれると思います!
なんで今クイックにトスを上げたんだろう?とか石川選手になんであまりトスを上げないんだろう?と色々考えながらみてみてください!きっと頭が破裂しそうになって試合どころじゃなくなると思いますが笑

ちょこっと注目ポイント

前回の国際大会のネーションズリーグという大会ではラインズマン(線審)が各コート1名づつの配置にする試みをしていました。
果たして今回は従来通りに各コート縦線を見る人と横線を見る人の合計4人なのか、またしても2人なのか、個人的に注目しています笑
まぁしっかりとしたジャッジができるならばどちらでもOKなんですけどね笑

審判

 

まとめ

さぁ!いよいよ9/14(土)から世界バレーが開幕します!
TVはフジテレビ系列で放送予定です(^.^)

東京オリンピックに向けて非常に重要な世界大会になること間違いなしです。
バレーが大好きでたまらない方も、バレーを知らない方も全員で応援しましょう!!

それでは今回はこの辺で!
最後まで読んでいただきありがとうございました!