全日本女子バレー(U20)が世界1位になれた強さの秘密

2019年9月10日

世界選手権

こんにちは!
ぺんぺんです!

今回はU20(20歳以下)の全日本女子を紹介させていただきます!

それでは早速いってみましょう!
スポンサーリンク


世界選手権初優勝!

2019年7月にメキシコで行われた第20回女子U20(ジュニア)世界選手権大会で初優勝しました!

1977年にスタートして世界選手権がスタートして、20回目にしての初優勝でした!

が、意外に知られていないようでした。

Twitterでのアンケートでも知らなかったが100%でした。まぁ、投票していただいた方は3名でしたが笑
投票していただいた方ありがとうございました!

Left Caption

ぺんぺん

それにしても、世界一位ってすごすぎるっ!
本当にすごいですよね!
これからの日本バレーも安心ですね(^.^)

準決勝と決勝の2試合を見させていただいたのですがお世辞抜きでいいチームでした笑

試合を見て日本の強さの秘密がいくつか見えてきたのでご紹介させてください!
スポンサーリンク



監督が試合の流れをつくっている!?

相原昇監督

はご自身も昔プレイヤーとして大活躍されていて、現役を引退後に指導者の道へ進まれました。
香川県の高松北高校では、春の高校バレーでベスト4まで導いて、その後は東九州龍谷高校の監督として、何度も全国制覇に導いています。

現在の全日本代表でキャプテンの岩坂選手も相原監督のもとでバレーに打ち込んでかなり成長したと思います!

では、その相原監督なのですが、どのように雰囲気を作っているのかというと、、、。
めちゃくちゃ動くんです。笑

Left Caption

ぺんぺん

そりゃ人間なんだから動くでしょ。
へりくつはやめてください笑
普通の監督は、指示を出したり、選手が活いいプレーをしたら拍手や軽くガッツポーズをするくらいなのですが、、

相原監督はというと、1点入るたびに、ベンチの後ろまで走って行ったり、両手をぶん合わしたり。
この監督のパフォーマンスがあることにより、選手たちも鼓舞されて調子が自然と上がってくるんです。

試合の動画もネットにあがっているので、ぜひ1度だまされたと思ってみてください笑
試合よりも相原監督に目がいきます笑

動き回る

それに加えて、相手チームからしたらかなり嫌なんです。
私も現役時代相原監督みたいな人がいたら嫌です。
なぜ嫌かというと、、、、、、相手のチームがミスをした時にもめちゃくちゃ喜ぶんです。笑
相手からしたら、こっちのミスをそんなに喜ばれたらいい気持ちにはなりませんよね?

相原監督のパフォーマンスは毎回ではないのです。
どのタイミングでやっているかというと、「試合の流れが変わりそうな時」です。
何点負けていても、少しでもこっちに流れがきそうな時は、相原監督は必ず何かしら動きます。
それを選手たちを見て、ここがポイントなんだと感じて、全員で一気に流れを掴んで逆転する、いい展開を自らつくり出せるすごい監督です。

実際に、世界選手権の決勝も先に2セット取られてからの逆転優勝でした!
選手だけでなく相原監督からも目が離せません!!

キープレイヤーはこの選手だ!

MVPに選ばれた石川真佑選手(兄は男子代表の石川祐希選手)やアウトサイドヒッターの西川有喜選手も大活躍だったのですが、私が個人的に半端ないと思った選手を紹介させてください!!

大事な場面で得点に絡んでいる曽我啓菜選手のここがすごい!

曽我選手のポジションはセッターの対角で、主にライトから攻撃をするポジションです。

簡単なプロフィールはこちら。

身長:173cm
体重:女性なので伏せておきます
出身:新潟県
ポジション:アウトサイドヒッター
所属チーム:NECレッドロケッツ
出身高校:金蘭会高校

どのような選手かというと、苦しい時の1点をもぎ取れる貴重な選手です!
相手にリードされている時や、デュースの緊迫している時に点数を取ってくれるのがこの曽我選手なのです。
身長も173cmと決して高くありませんし、何なら低い方だと思います。

しかし、圧倒的な勝負強さを持っています。
相手が180cm以上だろうが関係なくスパイクを決めますし、ブロックでも点を取っとてくれます。
是非試合を見ていただきたいので、検索していただいたらすぐ出てきます!決勝戦での曽我選手のプレーに注目してみてください!

結構試合を見てる時って無意識にボールを目で追っかけがちなのですが、1人の選手だけを見ていても面白いですよ!ボールに触っていない時どんな動きをしているのか、仲間にどんな声掛けをしているのかなど、また違った見方ができてより深く試合にのめりこめると思うので、気になった選手や応援している選手がいたら、この見方をしてみてはいかがでしょうか(^^)?

niyarimann

私はこの世界選手権を見ている時に、曽我選手が気になって、よーく見ていました。
すると、ある隠れプレーを発見することができました!

後衛のポジションの時に相手のブロックを引きつけるために前衛でおとりでクイックに入っているのです!
あたかも前衛の選手のように笑

ローテーションをしっかり確認されていたら、相手が引っかかることはないのですが、ラリー中の時とか特に、相手も余裕がないので、少し曽我選手の動きにつられているんですよね笑

試合の動画にもその場面が何回か出てくるので是非見てみてください!

 

まとめ

いかがでしょうか?!
全日本女子のA代表が注目されている中で、U20も大活躍していたのです。

今回紹介させていただいた、相原監督は近い将来A代表の監督になると思いますし、個人的にも是非なって欲しいです!

曽我選手も日本代表の中心メンバーになること間違いしです^ ^
ここからの日本女子バレーは目が離せませんね!

そして、U20全日本女子バレーの皆様本当におめでとうございます!

それでは今回はこの辺で^_^
最後まで読んでいただきありがとうございました!