【柳田将洋】全日本男子バレーのキャプテンってどんな人?

2019年9月10日

リーダー

こんにちは!
ぺんぺんです!

今回は、全日本男子バレーをまとめる頼れる主将のについてお話しさせていただきますので、最後までお付き合いください!

まずは注目選手の簡単なプロフィールから!
素敵なお顔はコチラからご覧ください!(惚れやすい方は閲覧注意)

氏名:柳田 将洋(ヤナギダ マサヒロ)
ポジション:ウイングスパイカー
身長:187cm
体重:72kg
年齢:27歳
血液型:O型
出身地:東京都
生年月日:1992年7月6日

活躍の場の流れは、東洋高校→慶應義塾大学→サントリーサンバース→インガーソル・ビュールへ(ドイツ)→クプルム・ルビン(ポーランド)→ユナイテッド・バレーズ・フランクフルト(ドイツ)となっております。

東京都の東洋高校に入学し、春の高校バレーで優勝しています!
その時にセッターとして柳田選手にトスを上げていたのが、全日本のセッター、関田選手なのです。
実は2人高校時代、同じチームだったんです。
高校時代から頭角を現していて、スパイクやサーブは高校生の中だと群を抜いていましたね。

バレーボールをはじめたきっかけは、ご両親がバレーボールをやっていて、その影響で始めたそうです。
弟もいて、柳田選手と同じ、東洋高校へ進学し、中央大学へ進学しました。元々将来は海外で仕事をしたいといろいろ考えていたみたいですが!現在海外のチームでプレーをするべく奮闘中とのことでした。

将来兄弟そろって同じチームで海外で一緒にプレーできたら最高ですよね!応援してます!
スポンサーリンク


柳田選手のここがすごい!

①単独CMに出演している

ここ最近のバレー選手で単独でCMに出演しているのって柳田選手くらいじゃないですか?
所属している企業チームの商品紹介のCMとかならわかりますけど、他社のイメージキャラクターとして出演しているのです。。。さすがイケメンといったところでしょうか?(うらやましい)
いつか俳優デビューもしてしまうのではないと私はひそかに予想してます笑

②ジャンピングサーブが半端ない

柳田選手の1番の武器といっても過言ではないサーブ。
勢い・コース・安定性全て日本においてはトップなのではないでしょうか?

一体何キロ出ているのかというと、、115~120キロくらい出てます。
高速走路でもつかまってしまうほどのスピードです。笑

実際に体感していただいたらわかると思うのですが、もっと速く感じます。
打たれて気づいたら床にボールが落ちている感覚です。敵だったら笑えないです。笑

サーブというプレー。実は1番大事なプレーであると私は考えています。
なぜかというと「唯一、試合中誰にも邪魔されないで出来るプレー」だからです。

スパイクはブロックに邪魔されるし、ブロックは相手のトスやスパイカーの動きに邪魔されますが、サーブだけは誰にも邪魔されずにプレーが出来るのです。しかしプレッシャーも半端ないです。

少しどれくらいのプレッシャーなのか想像してみましょう。
あと1回勝てば優勝の決勝戦。
24対25でサーブの順番があなたに回ってきました。
失敗をすれば相手の勝利。優勝を逃してしまうのです。

ごめんなさい、書いている私が緊張して手汗びしょびしょになってしまいました笑

③低い身長の戦い方を熟知している

世界と比べると柳田選手の身長は小さいほうです。
187cmあってもバレーの世界だととても小さいのです笑

ただ、自分の武器を理解していて、フェイントやワンタッチアウトなど自分の戦い方をしっかり理解し、世界と互角に渡り合ってます。

高校や大学までは高さもパワーもある程度通用していました。
春高バレーの決勝も普通にブロックの上から打ってましたからね笑

世界が相手ですと、柳田選手より背の高い選手ばかりです。
大きい相手にプレーする柳田選手に要注目です!!

 

Left Caption

ぺんぺん

俺は柳田選手のサーブを間近で見たことあるけど、ボールが見えなかったぜ!
あんなのレセプションできないよ!

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?!
全日本男子を率いるキャプテン柳田将洋という男について少しはご理解いただけたでしょうか?^_^

全日本をメダルに導くには柳田選手は必要不可欠な選手の1人です!!
皆さんで応援しましょうね!

バレークイズ

公式戦の前、審判にメンバー表を提出します。
そして、その中のスタメンのスタートローテーションも書いて提出します。

そのスタートローテーションの紙のことをなんと呼ぶでしょうか!?

①目玉・・・・目玉のような丸に選手の背番号を記入するから。

②背中・・・背中のように広い紙に書くから

③肩・・・右肩と左肩で2枚づつ提出するから

 

正解は、、、、、、、、、、、、①目玉です。

監督が「目玉書くから貸して」とマネージャーに言っているのを聞くと、ぞわっとしてました。笑

 

それでは今回はこの辺で!
最後まで読んでいただきありがとうございました!